胃腸内科 内科 外科 肛門外科 金沢市小立野 上野医院
標準 大 特大
お問い合わせ・ご予約はお電話で 076-223-5510
診療内容のご案内 診療内容のご案内 消化管内視鏡検査
経鼻内視鏡により辛さを
軽減します。
人間ドック/健康診断のご案内
病気の早期発見・早期治療によって負担の少ない治療と早期の回復が期待できます。
ぜひ定期的な健康診断をおすすめします。
禁煙外来 禁煙にも保険が使えます。痔の治療 痔は早期発見、早期治療が大切です。 上野医院のご紹介
金沢市小立野の上野医院
をご紹介します。
お問い合わせ・ご予約はお電話で 076-223-5510
 

全大腸内視鏡検査について

全大腸内視鏡検査について なぜ検査が必要か
検査を必要とする症状としては下痢や便秘などの便通異常、血便の出現などです。慢性的な腹痛も検査の対象になります。症状がなくても便潜血反応が陽性となった場合には、大腸癌をはじめ大腸粘膜に出血性の病気がないかを調べるために行います。

検査で診断できる病気の一覧
① 大腸ポリープ(過形成性ポリープ、腺腫など)
② 大腸腫瘍(大腸がんなど)
③ 痔(痔核=いぼ痔、裂肛=切れ痔、痔瘻=穴痔)
④ 大腸憩室症(大腸の外側への洞穴状のへこみ)
⑤ 大腸潰瘍や炎症(炎症性腸疾患など)
⑥ その他(粘膜下腫瘍、小腸下部の疾患、大腸と膀胱や膣との交通など)

検査の説明、準備

大腸は小腸と肛門との間にある150~200cmの筒状の管で、コの字型に配置されています。筒の内側をくわしく観察するには、便がなくなっている状態にする必要があります。そのため前日から特別の食事をしていただき、寝る前に下剤を内服します。当日朝に来院していただき、院内で大量の水を飲んでもらいます。透明に近い水様便が出るようになれば準備完了です。

検査、処置中の注意点

検査中の不安や痛みを和らげるために鎮静剤の注射をすることがあります。
粘膜の盛り上がりや凹みなどがあった場合に、診断のために粘膜(1回につき約1mm大)を採取することがあります。
ポリープが見つかった場合は、当日直ちに内視鏡的に切除する場合と、後日改めて切除する場合とがあります。内視鏡的にポリープを切除した場合、穿孔(電気メスの焼け焦げのために腸に穴が開く)や出血が起こることがまれにあります。厳重な経過観察のために連携病院に入院していただく場合もあります。

検査、処置による合併症

当院では上野または大腸専門医がこの検査、処置を行います。細心の注意を払って行いますが、ポリープの切除をするしないに関わらず、穿孔や出血をきたすことがごくまれにあること(約5000回の検査に1回程度)をご承知おきください。

検査、処置後の注意点

帰宅して腹痛、下血、発熱などが万一ありましたら、すぐに連絡してください。対処法を説明いたします。ポリープを切除した場合は約1週間無理をせず、暴飲暴食や飲酒を控えてください。
疾患によっては更なる検査や治療が必要になりますので、改めてご説明いたします。
電話 緊急時連絡先 上野医院 金沢市小立野3丁目14-5

電話 076-223-5510
(夜間では上野自宅か携帯電話に転送されます)

全大腸内視鏡検査のご予約は医院受付、またはお電話で

〒920-0942 石川県金沢市小立野3丁目14-5 アクセス地図 このページの上へ戻る